虫歯治療に関する歯科相談

私たちが歯科相談と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、やはり虫歯の治療ではないかと思います。
虫歯はミュータンス菌が口の中の糖分をエサとして排出する乳酸が歯を溶かすことで起こります。
初期の歯の痛みがない、または痛み始めてすぐの段階であれば、虫歯の部分を削り、詰め物や被せ物をすることで治療ができます。
また治療する際の痛みもほとんどないか、比較的軽く済みます。
しかし症状が進行している場合、治療に痛みを伴うだけではなく、最悪の場合歯を抜かなければならない場合もあります。
このように虫歯治療は進行状況により治療方法が変わります。
特に大人の虫歯は子どもの虫歯と比べて痛みを感じることが少ないため、自覚症状が少ないのが特徴です。
大切な歯を失わないためにも、歯に痛みを感じたらできるだけ早く歯科医院等で医師に相談をしましょう。
また毎食後の歯磨きはミュータント菌が増えるのを防ぐことができます。
また虫歯の早期発見・治療にもつながるため定期的に歯科検診を受けることもおすすめいたします。

BOデータバンクでは複数の業者をランキング形式で紹介しています

最新記事

  • 親知らずは、全く生えない人がいるなど個人差はありますが大体10代後半から20代前半に一番奥に生えてく

    親知らずに関する歯科相談

  • 「差し歯」は虫歯や外傷により歯が大きく欠けてしまったときに使われる人工の歯のことです。
    残って

    差し歯に関する歯科相談

  • 歯周病とは、歯肉などの歯の周りの組織に炎症が起こっている病気の総称です。
    歯と歯肉の間のポケッ

    歯周病に関する歯科相談