差し歯に関する歯科相談

「差し歯」は虫歯や外傷により歯が大きく欠けてしまったときに使われる人工の歯のことです。
残っている歯の根から神経を取った上に心棒(コア)を立て、その上に歯の形をした人工物を被せます。
「インプラント」と一見同じもののように思えますが、「差し歯」が自分の歯が残っている状態であるのに対し、「インプラント」は自分の歯が全く残っていない状態となります。
また差し歯は材質によりますが、保険が適応されるため治療費が1万円前後と安くすみます。
また適用外でも、インプラントが30万円ほど費用がかかるのと比べれば、料金は安く済みます。
しかし差し歯は歯の神経を取るため、根がもろくなり差し歯を長い間利用していると歯の根が割れてしまうこともあります。
また差し歯自体にも寿命があり、平均して10年前後が寿命となっています。
また材質によっては歯の色が変色することもありますが、差し歯の再治療には歯の根が割れるリスクもあるため、最初に治療を受ける際に信頼できる歯科医師によく相談しましょう。