親知らずに関する歯科相談

親知らずは、全く生えない人がいるなど個人差はありますが大体10代後半から20代前半に一番奥に生えてくる歯です。
最後に生えてくるため歯が生える場所がないことも多く、骨の中に埋まったまま出てこない場合や、生えてきても斜めや横向きに生えてくることが多い歯です。
また正常に生えてきても、歯ブラシが届きにくい位置にあるために虫歯になりやすい歯でもあります。
また出る場所がないため歯が歯茎に埋まったままの場合、不潔になりやすくなるため歯肉の炎症を伴う智歯周囲炎という病気になる場合もあります。
こういった歯のトラブルがあるならば、親知らずは抜いたほうが良いのではと思われる方もいるでしょう。
しかし、他の奥歯と同じように真っすぐに生えている場合は無理に抜く必要はありません。
また親知らずの抜歯は正常に生えていれば比較的簡単ですが、生え方によっては抜くのが難しいケースもあります。
また歯を抜くので腫れや痛みなどにより日常生活にしばらく支障をきたすこともありますので、まずは歯科医師に相談するようにしましょう。